www.geckoboardapps.com

 転職や就職をするときに気をつけなければいけないのは、希望先の会社で面接を受けるとき「自分が一体どう見えているのか?」ということです。  往々にして自分がそうだと思っている自分像と、他人から見える自分というのは相違している場合が多いと私は思っています。  たとえば、私の場合は元気で明るい性格をしていると感じているのですが、他人から見ればそうでもなくて普通の人だと思われている場合が多いです。  こうして、自分のことをしっかりと客観的に見据えることができていないと、転職や就職をするときの面接で、うまく自分のことをアピールすることができません。そういう状態だと、自分の発言と面接官が見た印象にズレが生じてしまうので、なかなか即採用という決断をしてもらうには至らないのです。  ですから、転職や就職をするときには、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが自分のことがどう見えているのかを周りの人に聞いてみて、それからどう自分をアピールするか考えるのが良いと私は思います。  ですので、これから私が転職や就職をするときも、そうしていきたいと思っています。